2008年12月27日

ルチノー

ルチノーとはオカメインコの品種です。

ルチノーは親しみやすくかわいらしい色をしており、おかめいんこの中でも特に人気があります。

ルチノーは、羽の色によって顔は黄色をしており、体色はクリーム色をしています。

ルチノー以外のオカメインコでは、ノーマル種はグレーをしています。
シナモン(イザベラ)は薄茶色です。

アルビノは、白色で赤目をしています。
posted by オカメインコルチノー at 16:39| ルチノー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ブログ

当サイトは、オカメインコブログとして内容の充実をはかっております。

オカメインコブログでは飼い方や飼育方法の詳細をわかりやすく説明します。

オカメインコへ、リンクはご自由にしていただいて構いません。

ブログを見てくださり、役に立つことがあればとても嬉しいです。

もう一回読みたい場合は、お気に入りに追加しておくと便利です。
posted by オカメインコルチノー at 03:48| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

オカメパニック

オカメパニックとは、オカメインコが夜に物音などで驚いてパニックになる事です。
羽をバタつかせて、柵や止まり木にぶつかって怪我をする場合もあります。

オカメパニックの原因は、夜中の物音や車のライトなどの光、突然起こる地震などです。

夜間にオカメパニックになったら、ケージの前に行き落ち着かせてあげてください。
そっと小声で話しかけても良いです。
次第に落ち着いて冷静になります。

オカメインコを叱ったりしないで、大声は出さないで下さい。

おかめいんこは小心者ですから、ちょっとした事でオカメパニックになる場合がよくあります。

自然下では、夜間のちょっとした物音がした場合に、真っ先に外敵から逃げる飛び立つという本能によるものです。
posted by オカメインコルチノー at 17:01| オカメパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

(エサ)は健康維持や病気を防ぐため、オカメインコにとってとても重要です。

ペットショップでは、植物のシードである種や穀物、そして人口飼料であるペレットのなどが販売されています。

(エサ)のシード(穀物種子)には、アワとヒエとキビなどがあります。
シードだけではオカメインコにとって栄養が偏ってしまいます。
ペレットを与えて栄養不足を補いましょう。

(エサ)の栄養面から、ペレットを主食にして種子を副食とするのが良いのですが、ペレットをあまり食べようとしないオカメインコもいます。
ゆっくりペレットの比率をあげていくとか、ペレットに徐々に慣らしていきましょう。

人の食べ物は、としてオカメインコに与えてはいけません。
消化できなかったり、病気になってしまう場合があります。
posted by オカメインコルチノー at 22:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

肥満

オカメインコも餌を食べ過ぎると肥満になります。

特に鳥類が好むひまわりの種(ヒマワリ種子)は高カロリーなので、肥満の原因になりやすいです。
あげるなら、時々与えるようにして少量にします。

胸の羽毛の下にあるオカメインコの皮膚や肌に触れてみて、肥満気味でプヨプヨしているならエサの量をほんの少し減らします。

オカメインコが適度な肉付きではなく痩せてしまっている場合は、ほんの少しだけえさの量を増やします。

かわいいからと言って、エサのあげすぎに気をつけて下さい。
肥満になると病気になりやすくなります。
ほどほどの餌の量を心がけましょう。

肥満防止と健康管理のため、オカメインコの体調を注意深くチェックしてあげましょう。
posted by オカメインコルチノー at 16:24| 肥満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

水浴び

水浴びをするしないの頻度は、それぞれのオカメインコによって個体差があります。

元々オカメインコの生息地であるオーストラリアでは、あまり頻繁には水浴びしません。

しかし、気候が違う日本では高温多湿なので、適度に水浴びをします。

水入れの中に入って羽をバサバサしている時は、浴びたいという意思表示なので、水浴びさせてあげましょう。

オカメインコにとって秋冬の寒い時期も、お湯ではなく室温くらいの水を使いましょう。

週一から二週間に一回くらいオカメインコに水浴びをさせます。

中には、水浴びを好まないオカメ鳥もいますので、霧吹きを吹きかけても良いです。
posted by オカメインコルチノー at 17:30| 水浴び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ブリーダー

オカメインコブリーダーから購入する。

もしくは、飼育している方から譲ってもらうと良いです。

オカメインコブリーダーや飼育者に飼育の仕方や困った事を相談できます。

もちろんペットショップの詳しい店員さんに相談しても良いです。

オカメインコを飼育する前に、ブリーダーや里親の人の飼育状態を見ておきましょう。

ケージの中は清潔に保たれているかどうか、他の鳥が病気をしていないかなどをチェックします。

飼育状態が綺麗ではなく不衛生ならば、そのブリーダーからの購入は避けた方が無難です。
posted by オカメインコルチノー at 16:42| ブリーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

里親

オカメインコは繁殖が比較的簡単なので、飼育したい場合は里親を募集している方に応募してみるもしくは声をかけてみるのも良い方法です。

オカメインコを飼育している友人に里親として雛(ヒナ)を譲ってもらうと、ペットショップより病気の感染などの心配が減ります。

里親によってペット店で販売しているオカメインコを購入するより経済的にも助かりますし、困った時は相談できます。

もし卵を産んだ場合や繁殖した場合は、里親になってもらえるかたずねておくと良いでしょう。
posted by オカメインコルチノー at 17:28| 里親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

病気

オカメインコ病気について毎日の健康管理チェックが重要です。

病気の予防のため早期発見を心がけ早めの治療をします。

まずは、動物病院の獣医に行っても治療方法が難しい場合も多々あるので、普段の世話により病気を防止する事が大切です。

オカメインコ病気の予防方法では、普段から定期的に巣やケージ内を掃除し清潔にして衛生的にする事が必要です。

病気に対して抵抗力をつけるために、栄養価の高い餌(エサ)を与えて、オカメインコのストレス軽減のため適度な運動をさせます。
posted by オカメインコルチノー at 15:43| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

日光浴

ライトをオカメインコに用意するか、もしくは太陽光を浴び日光浴できるようにしてあげてください。

オカメインコは、直射日光で日光浴する事によりビタミンDを生成します。

窓ガラス越しでは有効な紫外線がカットされてしまうので、窓をあけてオカメインコ日光浴させてあげて下さい。

太陽光ではなくライトの場合は、日光浴と同程度の紫外線が出るライトにします。
オカメインコに詳しいペットショップの店員さんによく聞くと良いでしょう。

オカメインコの病気予防や健康のため、一日数分は日光に当ててあげてください。
posted by オカメインコルチノー at 17:15| 日光浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

オカメインコが卵を産んだら、3週間〜一ヶ月くらいで孵化(ふ化)し(ヒナ)が出てきます。

産卵し(ひな)が出てくるまではオカメインコと卵は、触れたりせずにそっとしておいてあげてください。

オカメインコの子育てがはじまります。
餌箱へエサを多く与えてください。

生後一週間〜二週間ほどで、オカメインコ(ひな)の目が開きます。

一ヶ月以上たち、餌(エサ)を(ヒナ)が自分で上手に食べられるようになったら、親鳥から離して飼育します。

二ヶ月ほどで、オカメインコ(ヒナ)は親鳥のような羽に成長します。
posted by オカメインコルチノー at 01:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

オカメインコを産んだら、3週間〜一ヶ月くらいで孵化(ふ化)します。

産卵するとオカメインコは、を守るため神経質になりナーバスになります。
なるべくそっとしておいてあげてください。

オカメインコの雄鳥と雌鳥が交代でを温めます。

オカメインコの巣箱をのぞいたり、に触れるのはなるべくやめて下さい。

をあたためるのをやめてしまったり、子育てしなくなってしまいます。

卵がフ化したら、オカメインコの餌箱にたくさん餌をあげて下さい。
posted by オカメインコルチノー at 16:10| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

繁殖

オカメインコ繁殖の仕方についてです。

オカメインコは鳥類の中ではおとなしいため、喧嘩(ケンカ)をあまりしません。
なので、繁殖は比較的簡単に出来ます。

オカメインコの繁殖方法を説明します。

雄雌(オスメス)をお見合いさせて、繁殖を試みてみましょう。

メスは一歳くらいから産卵し繁殖できます。

オカメインコ同士が仲良く毛づくろいをはじめたら相性が良いペアです。
中には、まったく繁殖せず仲良くならない雌雄もいます。

春か秋がオカメインコの繁殖期になります。

ケージの中に、オカメインコ用の巣箱を入れてあげてください。
posted by オカメインコルチノー at 20:37| 繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

寿命

オカメインコ寿命は10年以上と言われています。

寿命は長めで15〜20年前後は生きるようです。

寿命が長いのでオカメインコを飼い始める時は、最期まで世話をきちんとできるかどうかよく考えてください。

オカメインコを飼育しはじめたら、寿命をまっとうするまで愛情と責任を持って育ててあげてください。

生き物を飼育するという事は、きちんと最後まで世話をするという事です。
posted by オカメインコルチノー at 13:13| 寿命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

種類

オカメインコ種類は、品種改良によってたくさん存在します。
羽毛の体色や頬の色の種類によって呼び方が変わります。

頬の色での種類わけとして、代表的なオレンジ色の頬(ほほ)のノーマル(ルチノー)のオカメインコ
頬がうっすらしている薄い淡い色のパステルフェイス。
ホホが白いホワイトフェイスなどの種類がいます。

体色の種類では、代表的なオカメインコのグレーがかったノーマル。
薄いグレー(灰色)のシルバー。
クリーム色(白色に近い)のルチノー。
やや薄茶色のシナモン、少しミ緑がかったエメラルドなどの種類がいます。
posted by オカメインコルチノー at 16:46| 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ケージ

ケージは大きめの金属製の物がよいです。
オカメインコの体長がやや大きさがあるので、なるべく大き目のカゴを用意してあげてください。

オカメインコのケージの大きさは、たて横が各40〜50cm以上の長さを目安にして下さい。

ケージの中の飼育用品には、餌入れと水入れを用意します。
エサ入れや水入れは小鳥用のえさ入れだと、オカメインコにとって小さすぎる場合があるので、やや大きめの餌入れにしてあげてください。

止まり木をケージの中に用意してあげて下さい。
オカメインコがとまり木に乗って体を休めることができます。

ケージの下には新聞紙などをしいてあげるとよいです。
posted by オカメインコルチノー at 15:08| ケージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

オカメインコを出しておしゃべりをします。
オウムみたいに人間そっくりのが次々に出せるというわけではなく、上手ではありません。

オカメインコの鳴きの大きさは普通くらいです。
たまに大声で鳴きますので、集合住宅では多少気をつけた方がいいです。

オカメインコは飼い主を呼ぶためにを出して鳴く事があります。
甘えたい時や、人の気を引きたい時に鳴きます。

オカメインコの雄(オス)はを出してさえずります。
雌(メス)はさえずりません。
posted by オカメインコルチノー at 03:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

特徴

オカメインコにはインコと名前が付いていますが、実際はオウムの仲間という特徴を持っています。

外見的には、オレンジ色(だいだい色)のほっぺの模様の特徴がおかめに似ているという事が、オカメインコの名前の由来です。

オカメインコの体長において尻尾の羽毛がとても長いことが特徴です。

内面的には、オカメインコの性格はおとなしく人間に慣れて、飼育しやすいという特徴があります。

オカメインコはおっとりしており、多種の鳥との喧嘩(ケンカ)を滅多にしないという特徴もあります。
posted by オカメインコルチノー at 00:08| 特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

性格

オカメインコ性格は、おっとりしておりペットとして大変飼いやすいです。

オカメインコはその名前があらわすように、オレンジ色(だいだい色)のほっぺがチャームポイントです。

緊張したり驚くと、オカメインコの冠羽(頭頂部の羽)がピンと立つという表情豊かな性格をしています。

オカメインコはオウムの仲間で、おとなしい性格です。

人に慣れやすく飼育しやすい性格の鳥なので、オカメインコは人気があります。
posted by オカメインコルチノー at 00:53| 性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

オカメインコ

オカメインコの飼い方、性格や特徴などについてブログでわかりやすく説明していきます。

オカメインコの飼育方法で役立つものをあげていきます。

現在も家で飼っている方や、新しく飼いたいと思っている方にとっても有意義な情報をお届けします。

オカメインコは、ペットとしてたいへんかわいい鳥です。

ページ上部の「お気に入り」に追加してくださると嬉しいです。
posted by オカメインコルチノー at 12:00| オカメインコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  発毛もりもり日記
  私も発毛しました。お勧めです。
  http://hatumo.blog47.fc2.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。